超高齢化社会

高齢化の加速!国民の約4人に1人が高齢者となる社会がすぐそこに

高齢社会をむかえ、ヘルパーのニーズは増加しています!
みなさんも一度は日本が「高齢社会だ」ということを耳にしたことがあると思います。
これは、65歳以上の人が総人口に占める割合である、高齢化率というものをみたものです。
国連の定義では高齢化率7%以上の社会を高齢化社会、14%以上を高齢社会、21%以上を超高齢社会としています。
つまり現在、高齢者が全人口の14%を占めている日本は高齢社会なのです。

高齢社会における問題は、高齢者の増加という人口問題を中心に、社会、経済、政治など全般にわたって、いろいろな変化が起こるのに対応する問題です。
具体的には、老人医療、年金問題、定年退職や再就職という雇用問題、老人施設など幅広い問題があります。
高齢化社会は、養ってもらう人口が増え、養う人口(生産年齢人口)が 減る社会である限り、扶養者層の負担増加の問題は、悲観的なほど解決法方が見当たらないようです。要するに、高齢化社会の問題は経済問題が中心になっていると言えます。

イメージグラフ

これらは深刻な社会問題なのです。
そして、今後の予想では2015年には日本の高齢化率は超高齢社会の21%さえも越えて、27%になるだろうといわれています。

これからますます需要が高まっていくお仕事それが介護福祉です。

それは福祉を受ける人が増え、福祉の担い手が少なくなっているから。団塊の世代が後期高齢期を迎える2025年の高齢者の人口は3312万人社会が福祉について、真剣に向き合う時代が来たのです。