ホームヘルパーの歴史

ホームヘルパー誕生の歴史

もともと、ホームヘルパーは1960年代には「家庭奉仕員」と呼ばれていました。家庭奉仕員は、自治体の福祉サービスとして派遣され、介護や介助を行ってきたのです。

当時の家庭奉仕員は、国が定める研修制度などはなく、質・量的に決して満足なレベルではありませんでした。 当時の介護は、家族が行うのが社会的に当たり前という風潮があり、過程奉仕員が必要なのは、長期入院に耐えられる所得がないような家庭に対してという具合に、非常に限定的なものでした。

ところが、核家族化が進む中で、家族だけの力では、介護を担えないという問題が出てきて、在宅での介護支援のニーズが高まってきたのです。

こうしたなかで、1989年に、高齢者の保健・福祉に対して、公的サービスの目標が国によって定められました。これが、「ゴールドプラン」と呼ばれるものです。 この「ゴールドプラン」の中で、初めて「ホームヘルパー」という言葉が登場したのです。

それ以来、要介護者に対する生活支援という考え方が示され、その研修内容も全国で体系化されることとなり、ホームヘルパーが、在宅介護の支援に活躍するようになったのです。

在宅ヘルパー
ご利用者様のご自宅に訪問し、生活援助等の介護サービスを提供します。住み慣れた地域で生活していただくため、ご利用者様の自立を支援します。

施設ヘルパー
デイサービスセンターや、介護保険施設内にて介護サービスを提供します。専門的な知識をもったスタッフと共に、たくさんのご利用者様と接することができます。

訪問入浴
専門スタッフが、専用の浴槽を装備した入浴車でご利用者様のご自宅に伺い、安全で快適な入浴サービスを提供します。

院内ヘルパー
医療機関内(病院・診療所など)において、医師および看護師の指示のもとに介護サービスを提供します。

家族介護
ホームヘルパー講座で修得した技術や知識は、ご家族の介護にも活かせます。

ボランティア
地域の社会福祉、社会奉仕活動に活かせます。

今の仕事のレベルアップ
医療事務スタッフやデパートの店員の方など、さまざまな職種の方のスキルアップにもなります。

通院介助
介護の必要なご利用者様が外出される際の準備や、車の乗り降りなどをお手伝いします。

在宅配食
食事の準備が困難な方に対し、バランスのとれた食事をお届けします。