ホームヘルパーになるためには

ホームヘルパー1級

サービス提供責任者などの役割を担うことができ、ホームヘルパーとして、指導的立場で活躍できる人材を育成する過程です。

スペシャリストとして自分を高めたい、プロ意識をもってホームヘルパーという仕事を極めたいという人に必須の過程です。ただし、いきなり受講することはできず、必ず二級の課程を修了していることが条件となります。なお、介護職員基礎研修を言うものがあり、これは将来的に介護職員の任用資格を介護福祉士に一本化するべきという国の方針によって出来たものです。

今すぐに受講が必要なわけではありませんが、いずれ介護を仕事とする人には必須のものとなるでしょう。