どんなことを学ぶの?

講座の内容

三級課程の研修内容
在宅での援助に必要な福祉、家庭援助、介護、医療などの基礎的な知識、動作、事例などを学びます。統計50時間です。訪問介護事業に従事する人、またはその予定者を対象としています。

・・・続きを読む

二級課程の研修内容 
在宅だけでなく施設での活動も視野に入れ、チームケアなどをより詳しく学びます。総計130時間です。訪問介護事業に従事する人、またはその予定者を対象としています。三級履修者は一部科目が免除されます。

・・・続きを読む

一級課程の研修内容
グループリーダーのレベルの人材を育成するためのカリキュラムです。
社会保障制度、ケアマネジメントなどにもおよび、報告書の作成も含まれています。総計230時間です。二級課程修了者を対象にしています。

・・・続きを読む

ホームヘルパー養成講座を受講する

訪問介護員養成研修は一般的にホームヘルパー養成講座とも呼ばれています。養成講座には三種類あります。市区町村、社会福祉協議会、福祉公社など公的機関が実施するもの、企業や専門学校など民間の実施するもの、そして民間の実施する通信講座などです。

公的機関の行う養成講座は教材費などの実費が比較的安いところに特徴があります。ただし、受講できる人員が少なく、応募者が殺到しますから、順番待ちということがあります。さらに、平日の昼間に実施するところが多く、仕事を持つ人には時間が合わないという短所もあります。その点、民間の実施する養成講座は週末や夜間にも受講できるので便利です。

講座内容は厚生労働省の指定のカリキュラムに沿っていますし、大人数の公衆でも実技は少人数のグループで行うなど配慮されています。問題は受講料が高いことです。主催者によって多少の差はありますが、二級の過程で七万円~十万円が平均額のようです。

主催者によっては受講後、その機関で登録ヘルパーとして活動することを条件に、受講の費用を援助するシステムを採用しているケースもあります。また、ホームヘルパーの資格取得のための養成講座を受講する場合、教育訓練給付制度の対象となっていますので、費用の四割(最大)が返金される制度も利用できます。ただし、この制度が適用されるには雇用保険の被保険者だった人で、同保険を解約後、一年以内に受講を開始した人という条件を満たさなければなりません。詳細は最寄りのハローワークにお問い合わせください。

もうひとつの受講手段である通信教育は、講座内容の「講習」の部分を通信で行うものです。規定のカリキュラムを満たさなければなりませんから、実習と実技はスクーリングをしてクリアします。このスクーリングは全国各地で開催されますので、最寄りの会場へ参加することができます。期間は三か月という短期集中型のものから一年ほどかけるものまでさまざまで、自分のペースに合わせて選択することができます。ただし、費用が普通の講座に比べて割高になっているようです。

このように、ホームヘルパー養成講座は三者三様です。それぞれの事情に合わせて、長所と短所を見比べて選択できるようになっています。