ホームヘルパーになるためには

どうしたらホームヘルパーになれるの?

介護の現場で活躍する、ホームヘルパー。それでは、ホームヘルパーになるには何をすればよいのでしょうか。ホームヘルパーは資格のひとつですが、試験はありません。養成研修があり、研修を修了した者は誰でもホームヘルパーの有資格者ということになります。

高齢者を対象にした養成研修には、1級から3級までの3つの級があります。ホームヘルパー2級に関しては、3級を持っていなくて受けることができますが、1級は2級の取得者でないと研修を受けられません。

研修時間は講義、実習合わせて3級が50時間、2級が130時間、1級が230時間となっています。一般的には、3級は入門レベルで、2級を取得している人であればホームヘルパーとして雇ってもらえることが多いといわれています。
さて、このホームヘルパーの養成研修ですが、どこで行なわれているのでしょうか。ホームヘルパーの養成研修を受けるには、3つの方法があります。

まずは、自治体主催の養成講座です。受講費用は安く済みますが、受講希望者が多く、抽選となることもあります。
次に、民間企業です。民間企業でも養成講座を開講しており、費用の負担は会社によってまちまちです。
最後に、働きながら資格をとるという方法です。大手の在宅介護会社は、ヘルパー養成講座を開講していることが多いです。

ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーには一級、二級、三級の資格があります。
基礎的な内容の三級から、徐々にその専門性が高くなっていきます。
それぞれ『介護職員養成研修』という講座を受講した人には、厚生労働省の規定に従ったカリキュラムを修了したことを証明する修了証書を受け取ることができます。
これは国家資格ではありません。『○○の仕事を行うために必ず習得しなければならない資格』でもありません。
ただし、ホームヘルプサービスを利用する利用者や人にかかわる仕事について、一定の基礎知識や介護・福祉に対する理念、そして基礎的な技術を身に着けることができる資格でもあるので、取得しておいた方がいいでしょう。
おおよそのヘルプサービス事業所はホームヘルパー二級以上の修了者を求人の条件にしています。

★ホームヘルパー三級
ホームヘルパーの入門編という位置づけです。在宅の援助の仕事を行うため、具体的な知識や技術を学ぶ実務中心の基礎課程です。

・・・続きを読む

★ホームヘルパー二級
仕事としてホームヘルパーをしようとする人が修了させておきたい過程です。実務に加え、介護の意義、福祉の理念に関する深い理解が求められます。

・・・続きを読む

★ホームヘルパー一級
サービス提供責任者などの役割を担うことができ、ホームヘルパーとして、指導的立場で活躍できる人材を育成する過程です。

・・・続きを読む