介護保険制度の開始

介護業界のスタートは介護保険制度開始から

今でこそ当たり前のように使われている「介護」という言葉。
実は、1980年代に「介助」と「看護」を組み合わせて新しく作られたもの。
「介護」とは、わずか30年ほど前に生み出された概念であり、仕事なんですね。

もちろん、「介護のような仕事」はそれよりずっと以前からありました。
明治時代後半から大正時代にかけてあちらこちらで開設された「養老院」。
生活が困難な高齢者を受け入れて養護していたこの施設では、「介護のような仕事」が提供されていました。

一方、現在の訪問介護の前身に当たる1956年に長野県で先駆的にスタートした「家庭養護婦派遣制度」は、在宅福祉サービスとして、1960年代にかけて大都市部でも提供されるようになっていきました。

1963年に「老人福祉法」が制定されると、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームなどが整備されていきます。
また、先述の長野県で始まった在宅福祉サービスは「家庭奉仕員派遣事業」として高齢者福祉施策に位置づけられるようになりました。

この頃ようやく「介護業界」と言えるものができつつあったのかもしれません。
しかし、こうした介護のサービスは、あくまでも「措置」という行政処分の枠の中で限定的に行われていたに過ぎません。
民間企業の参入はごく一部しか認められず、サービスを提供していたのは社会福祉法人が中心。 利益を追求する姿勢はほとんどなく、市場原理が働かない、狭く、非常に特異な業界でした。

2000年の介護保険制度の開始・・・・

それが大きく変わったのは、2000年の介護保険制度の開始から。
民間企業による介護サービスの提供が全面的に認められ、介護業界の規模は一気に拡大。
介護業界には「利益追求」「効率化」「サービス業」というそれまであまりなかった考え方が持ち込まれます。

これにより、あまり顧みられることがなかった無駄が省かれ、「世話をしてあげている」という意識などが見直されていきます。
しかし一方では、行き過ぎた効率化、利益追求が批判され、不正を繰り返したコムスンが介護業界からの退場を余儀なくされるという事件も起こりました。

介護保険制度開始後の民間企業の参入により、介護業界はこうした経緯を経て、ようやく狭く特異な業界から、他業界と同じ土俵で比較できる業界へと成長できたと言えます。