どんなところで働くの?

ホームヘルパーが働く場所

ホームヘルパーは、病院や介護施設など様々な場所で働いています。ここでは、ホームヘルパーの働く場所について見て行きましょう。

まずは、ホームヘルパーが民間企業で働くということです。ほとんどのホームヘルパーは、公共団体ではなく民間企業で働いています。これは、介護保険制度が導入され、ホームヘルプサービスを提供する事業所が増えたからだといわれています。

その中でも、デイケアサービスの会社、ショートステイを中心に行なっている介護福祉施設、訪問型サービスを行なっている会社などに分かれます。
訪問型サービスでは、滞在型と巡回型があります。滞在型というのは、1軒の家にホームヘルパーが30分以上滞在することです。生活援助や通院介助など行なうことも様々ですので、柔軟に対応できる人に向いています。

また、滞在型ホームヘルパーのサービスのひとつとして、お年寄りのお話を聞いてあげるというものがあります。外出する機会の少ないお年寄りにとっては孤独感を感じやすいので、ホームヘルパーが話を聞いてあげる必要があります。話を聞くのも、重要な仕事のひとつです。

一方の巡回型サービスでは、1軒の家での滞在時間が30分未満で、色々な利用者宅を回るというものです。排泄介助、水分補給などが中心となります。
基本的には、滞在型が生活援助中心なのに対して、巡回型は身体介護中心と考えておくとよさそうです。もちろん例外もありますが、訪問型のサービスは大きく分けると滞在型と巡回型に分かれます。