ホームヘルパーとして活躍する

あなたの街があなたの活躍を待っています!

ホームヘルパーは福祉施設や要介護者のいる家庭に出向いて仕事をします。また、病院や医療機関で介護スタッフとして活躍することもできます。しかも需要が供給を大きく上回っていて、人手が足りませんので求人は多いです。養成講座を修了して、修了証を受け取れば、フルタイム、あるいはパートタイムの仕事として位置づけることもできますし、ボランティア活動に活かして社会への貢献にも役立ちます。さらには福祉の社会のエキスパートとしてそのスタートラインに立つこともできます。

仕事として選択する

市区町村の職員や民間企業の正社員になる
市区町村、社会福祉協議会や福祉公社、福祉法人や医療法人、介護サービスを提供する民間企業に正職員、正社員として就職するケースです。

嘱託職員、契約社員、非常勤職員として
市区町村の福祉担当課や民間の訪問介護センターなどにホームヘルパーとして登録し、フルタイム、パートタイム、あるいは仕事の依頼があった時に働くケースです。

自分のために活かす

・自宅介護
親や祖父母など、家族に要介護者がいる場合などに、講座で学んださまざまな介護技術を実践することができます。しかもこの経験を将来に活かすこともできます。実際、今現在、ホームヘルパーとして活躍している方の中には、自分の家族への介護を通じて、福祉の仕事への理解を深めた方が多いのです。

・ボランティア活動に資格を活かす
老人ホームや障害者施設などを訪問するなど、地域のボランティア活動などに参加できます。ボランティアには若干ながら報酬を得ることのできる有償ボランティアと、ホームヘルパーとしての知識や技術を地域への貢献、社会への貢献として無償で行うボランティアがあります。
もちろん有償であれ無償であれ、サービスの中に変化があってはなりません。ホームヘルパーとしての一定の知識をもって臨まなければなりません。

福祉の政界へ飛躍する

介護福祉などの別な福祉関係の資格を得るためにスタート地点とすることも考えられます。二級を取得して、その上の一級を目指す。チームリーダーとしての実務、実績を積み、より専門的な介護福祉士の資格取得を目標とする。あるいは、その実務経験を活かしてケアマネージャーを目指す、そういう動機づけとして介護支援の第一線で活躍するホームヘルパーが増えることが福祉社会全体の質の向上にもつながります。