ヘルパー1級
ホーム >> その他介護資格との関係 >> 介護職員基礎研修とヘルパー1級

介護職員基礎研修とヘルパー1級

介護職員基礎研修を受けることは、介護の仕事をしている方にとって大切なことですね。介護職員の資格を介護福祉士に一本化する将来を考えると、もはや資格に興味を持たないままではいられません。すでに介護福祉士を持っている方は、とりあえずは安心ですね。
しかし、ヘルパー1級やヘルパー2級の資格しか持っていない場合は、まず介護職員基礎研修を受けることが先決でしょう。

ヘルパー2級修了者が介護職員基礎研修を受けた場合、ヘルパー1級の資格にチャレンジするよりも、多くのメリットがあります。費用や受講時間を節約できる上に、ヘルパー1級よりも上位資格を手にすることができるからです。しかし、ヘルパー1級修了者が介護職員基礎研修を受けるとしても、まったくメリットがないわけではないのです。まだ実施はされていませんが、介護職員基礎研修を受けておけば、将来は介護福祉士受験で優遇措置がとられる可能性もあります。

また、ヘルパー1級の資格をすでに持っているとしても、まだまだ勉強すべきことはあります。介護の現場も少しずつ変わっていますので、介護職員基礎研修を受けることでよりレベルアップすることができるんですよ。
自分で介護施設を開設しようと思っている方も、改めて介護職員基礎研修を受けることで、新しい情報を入手することもできます。介護職員基礎研修でスキルアップすることは、介護の仕事を続けていく上で大きなメリットになることでしょう。