自立支援教育訓練給付金
ホーム >> 介護職員基礎研修を受講するにあたって >> 介護職員基礎研修と自立支援教育訓練給付金

介護職員基礎研修と自立支援教育訓練給付金

介護職員基礎研修の資格に興味を持っている方の中には、お子さんを抱えてがんばっている女性もいらっしゃるでしょう。
介護職員基礎研修の資格を取得するにあたっては、自立支援教育訓練給付金を利用することもできますよ。自立支援教育訓練給付金というのは、厚生労働省が行っている母子家庭のための資格支援制度です。
就業経験が少ない女性の経済的な自立を支援するため、導入された制度なんですよ。介護職員基礎研修を修了すれば、10万円を上限として、受講費の20%が支給される仕組みになっています。

介護職員基礎研修の資格を得ることができれば、介護職員としてよりレベルアップすることができますね。サービス提供責任者となって、福祉施設や介護施設などで働くことが可能になります。
お子さんを育てるために、安定した収入が得られるようになりますよね。今後の日本は超高齢化になることが見込まれますので、就職先としても安定したところが多いのが魅力です。 介護職員基礎研修の資格をこれから取るつもりなら、ぜひ自立支援教育訓練給付金もチェックしてみて下さいね。

自立支援教育訓練給付金を利用するには、一定の条件をクリアする必要があります。
たとえば、児童扶養手当の支給を受けているかどうか、雇用保険に加入していて教育訓練給付の受給資格を持っているかどうかといった条件があります。

自立支援教育訓練給付金には、高等技能訓練促進費といった制度もありますよ。