介護福祉士
ホーム >> その他介護資格との関係 >> 介護職員基礎研修と介護福祉士

介護職員基礎研修と介護福祉士

介護職員基礎研修の資格を手にすることは、介護福祉士に一歩近づくことでもあります。
介護の仕事をしたいけれど、別に資格なんかなくてもいいわ…なんて思っている方はいらっしゃいませんか?厚生労働省は「今後、介護職員として働くためには介護福祉士の資格を必要とする」という方針を打ち出しています。たしかに、現在は無資格であっても、介護の仕事をすることが可能になっています。しかし、このことによってサービスの低下などが起きており、このままの状態ではよくないのです。

ですから、将来は介護職員のすべてが介護福祉士の資格を必要とするケースも十分考えられます。資格なんかなくてもいいわと思っていると、介護の仕事そのものができなくなる可能性もあるんですよ。
しかし、みんなが一気に介護福祉士の資格を取得するのは大変なことです。たとえば、まったくの未経験の方が介護福祉士の資格を取得しようと思ったら、まず3年間の実務経験を経る必要があります。その後、国家試験の介護福祉士を受験するわけです。これでは、資格保有者がなかなか増えないのも当然ですね。

そのため、介護福祉士よりもゆるやかな、介護職員基礎研修の資格を導入していくわけです。そして徐々にヘルパー1級と2級の資格を減らしていく方針が取られています。そして、いずれは介護福祉士の資格を一本化されることになるでしょう。介護の仕事に興味を持っているならば、今から介護職員基礎研修について調べておくべきですね。