教育訓練給付金
ホーム >> 介護職員基礎研修を受講するにあたって >> 介護職員基礎研修と教育訓練給付金

介護職員基礎研修と教育訓練給付金

介護職員基礎研修を受講するに当たって、教育訓練給付金を利用することも可能です。介護職員基礎研修にとても興味をもっているけれど、費用に関して不安がある…という方にはぴったりですね。
教育訓練給付制度とは、厚生労働省が行っている資格支援制度です。介護職員基礎研修を修了すれば、ハローワークから受講料の20%を受け取ることができます。介護職員基礎研修以外にも、指定された講座を受講して教育訓練給付金を利用することもできますよ。

厚生労働省が教育訓練給付金を実施しているのは、就職にあたって個々のレベルアップをはかるため、どんどん資格を取っていきましょうということですね。人事担当者としても、資格を持ったレベルの高い人材を採用できるメリットがあります。
不況が長引く日本ですが、就職先を積極的に探すには、資格をとるのもひとつの方法です。書類選考の段階でアピールできますので、介護の仕事につきたいと考えているなら、介護職員基礎研修の資格は非常におすすめですよ。

教育訓練給付金を申し込むには、一定の条件が必要になってきます。
まずは、雇用保険に通算3年以上加入していなくてはいけません。加入期間が途中で切れている場合は、1年以内という条件がつきます。
また、会社を退職してから、1年以内に教育訓練給付金を申し込む必要があります。

ただし、初めて教育訓練給付金を利用する場合は、雇用保険に通算1年以上加入していればOKなのです。