サービス提供責任者に
ホーム >> 介護職員基礎研修修了後にできること >> 介護職員基礎研修を修了してサービス提供責任者に

介護職員基礎研修を修了してサービス提供責任者に

介護職員基礎研修を修了してサービス提供責任者になると、介護の現場でさまざまな仕事をすることが可能になります。「指定居宅サービス等の人員、設備及び運営に関する基準」という法律を見てみると、サービス提供責任者が行うべき仕事がわかりますよ。
たとえば、指定訪問介護の利用申し込みにともなうスケジュール調整を行うことや、介護利用者の状態チェックや介護サービスへの希望をつかむこと、サービス担当者会議へ出席して居宅介護支援事業所などとうまく連携することなどがあげられます。

また、サービス提供責任者になると、訪問介護スタッフのスケジュール調整、訪問介護スタッフの業務チェック、訪問介護スタッフの技術指導等、訪問介護スタッフへの研修実施なども業務の管轄になるのです。自らも介護の仕事をしながら、介護スタッフのまとめ役としての仕事もこなさなくてはいけません。サービス提供責任者は大変だけれど、かなりやりがいのある仕事といえるでしょう。介護職員基礎研修で学んだことが、思う存分発揮できますね。

サービス提供責任者は、介護の技術だけでなく、ヒューマンスキルも要求される仕事です。介護スタッフのリーダーとしてみんなをまとめながら、よりレベルアップするよう働きかけなくてはいけません。
技術指導とともに、きめ細やかな対人関係を築くことができるよう指導していくのです。介護の仕事は人間が相手ですから、ただ機械的に業務をこなせばいいというものではありません。