施設サービス

介護老人福祉施設

「厚生労働省が定める老人福祉法において、入所する要介護者に対し、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設」とされています。

大枠としては、介護保険施設の1つであり、介護保険施設のその他の施設としては「特別養護老人ホーム」や「老人保健施設」、「療養型医療施設」、「グループホーム」などの入所型の施設や、「通所介護」、「通所リハビリテーション」、「短期入所療養介護」、「短期入所生活介護」などの在宅型があります。
一般に養護老人ホーム(特養)と呼ばれている施設がこれに当たります。

寝たきりになってしまったり、認知症が進行して自宅での生活が不能になってしまったりした高齢者の為の介護施設です。

しかし、介護老人福祉施設は医療のための施設ではありませんから治療の必要な疾患を抱えた高齢者は入所の対象になりません。特養は生活の場であり、終の棲家としての役割も担っています。 入浴、食事、排せつなど生活全般の世話を提供します。

現在では新たに建設する場合、プライバシーが保てる個室(ユニットケア)しか認められておらず、その分はホテルコスト(住宅費+食費)として利用者が負担することになっています。

介護老人保健施設

在宅への復帰を目指すためのリハビリテーションを行う施設です。いわば、病院と在宅介護の橋渡し的な施設ですので、医療と介護両方の機能を持つよう定められています。病院に入院して治療を受けるまでに機能を回復することを目指します。入所者の介護費用は介護保険の支給対象となります。

介護療養型医療施設とは
療養医療施設(介護療養型医療施設)とは、厚生労働省が定める介護保険法における介護保険施設の一つで、「療養病床等を有する病院又は診療所であって、療 養病床等に入院する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓練その他必要な 医療を行うことを目的とする施設」とされています。

65歳以上の要介護認定者で、病状が安定し、継続的に医療サービスを受けながら長期療養が必要な方が入所する医療施設です。
この施設は減少傾向にあり、2011年には廃止される予定です。
全国に3.770施設あります。

「ろうけん=介護老人保健施設」は、 介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療 法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設です。利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせた ケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

介護老人保健施設をご利用いただける方は、介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。

介護保険と老健施設
介護老人保健施設は、常に利用者主体の質の高い介護 サービスの提供を心がけ、地域に開かれた施設として、利用者のニーズにきめ細かく応える施設です。介護予防を含めた教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、 在宅ケア支援の拠点となる事を目指して、ご利用者・ご家族の皆様が、快適に自分らしい日常生活を送れるよう支援をしています。
介護老人保健施設の理念と役割

介護療養型医療施設

介護療養医療施設とは、介護保険により入院できる医療施設で、療養型、診療所型、認知症対応型の3種類があります。病状は安定しているが、常に医療行為を必要とする高齢者が入院します。一般病院よりも介護に力を入れていることが特徴です。